産婦人科

ヘッダー

産婦人科での中絶費用の平均は?

初期と中期では大きく費用が異なります。

この手術を受ける場合、産婦人科やレディースクリニックでは時期によって大きく掛かる料金が異なります。

まず保険が適用されませんので自費となります。

診察に関してのみ適用されます。

妊娠してから5週から11週、12週までの初期手術の場合は、産婦人科は平均的には日本の場合はどの地方でも平均は8万〜15万程度でしょう。

病院によって、時期によっても異なります。

12週を超え中期となると出産と同様にお金が掛かります。

また入院などもしなくてはいけない状態の場合もあります。

その際の中絶のトータルの額はレディースクリニックでも産婦人科でも範囲は20万〜50万となります。

ここまで幅があるのは母体に持病などがある場合や体調、健康状態によっても差が出てくるからです。

簡単に一番安いところや距離が近いなどで産婦人科を選択してしまうのは極めて安易な考えで危険ですので辞めましょう。

利用する産婦人科によって費用は異なります

どれくらい全てにお金が必要かは利用する産婦人科やレディースクリニックによって大きく異なります。

初期と12週以降の中期では倍以上の3倍近く異なりますので、冷静に早めに判断をする事が重要になってきます。

もちろん母体にかかる負担も大きくなってきます。

費用よりも状態によっては産婦人科に入院をしなくてはいけない可能性もでてきます。

手持ちのお金が用意できていないからといって、行動に移さないでいると、やはり、これは経済的にも精神的にも負荷は大きくなってしまいます。

初期でも中期でも人工中絶をするという行為自体は変わりませんが、火葬をして役所に死亡届を提出するなどという法律上しっかり手続きをしなくてはいけません。

それらを全て確実に行わなくては基本的には希望をしても退院させてくれない産婦人科も少なからずあります。

産婦人科よりも安価なレディースクリニック

産婦人科で手術を行う際には時間は一刻を争う中、冷静に安全性や安心度の高い病院を選択しなくてはいけません。

その際に一番重要視しなくてはいけないのが、産婦人科は料金ではなく、やはりクリーンな安全性です。

お住まいの地域にもよりますが近年では価格の安い綺麗なレディースクリニックができています。

しかし、値段を抑えるためにあまり評判の良くない所を選択してしまって母体を傷つけてしまう事もあります。

将来的に妊娠を希望する場合でも、そうでない方も慎重に今までの実績や経験、担当医のプロフィールや周囲の評判などを自己責任で調べて選ばなくてはいけません。

出産の時も当然大切ですが中絶手術を行う際も産婦人科をだけで選択してしまうほど危険性が高くリスクが大きい事はありません。

分割払いやローンを組めるところなどもメリットとしてありますが、費用だけでなくやはり産婦人科は最優先しなくてはいけない大事なのは母体をしっかりと守ってくれる病院なのではないでしょうか。

できることなら精神的な面でのケアも含め誰か信頼できる相手に付き添ってもらう事が大切です。

どうしても産婦人科は心が不安定な状態になりますのでしっかりと縁の下でサポートし支えてくれる人が近くに隣にいた方が良いでしょう。